ベトナムの魅力

Posted in Homepage

ベトナム暮らしの魅力とデメリット

 

メリット:::日本と近い 日本から飛行機で約5時間と、アクセスが容易 

 日本からのアクセスは片道約5時間。

時差も2時間だけ(例えば日本が午後3時ならば、ベトナムは午後1時)です。

大幅な時差にとまどうこともなく、国際電話をかけるのにも便利。

日本(関西国際空港、成田国際空港、福岡国際空港)⇔ベトナム間の直行便を含め、近隣諸国を経由する

空路もあり緊急時の一時帰などに関しても安心出来る空路が開設されております。’海外に出る’という距離感はあまりありません

デメリット: 空港に集まるタクシーの質はあまりよくない。長期ビザの内容がころころ変わる。

 

メリット:::リラックスできる気候  暖かい気候とその過ごしやすさ

熱帯、常夏で一年中温暖な季候下に位置しているベトナム。

冬の寒さを逃れて避寒に来る人も少なくはありません。

特に高血圧を患っている方には体に負担をかけない温暖な気候は最適の生活環境ではないでしょうか。

日本の寒くて寒くて仕方ない時期、晩秋11月頃から春先3月初旬にかけてがベトナムでは乾季にあたり、1年の中で一番過ごしやすい時期、ベストシーズンでもあります。

春夏秋と日本で過ごして避寒のために冬はベトナムで暮らす―リラックスして生活を楽しみたい方にはお勧めのプランです。

デメリット: 1年中いるとボケそうになる。

 

メリット:::治安が良い ベトナムは安全な国

 ベトナムにおいては凶悪犯罪は少なく、外国人が巻き込まれる犯罪はスリやひったくり、詐欺などの小さな事件がほとんどです。

 

そのため、『外で道を歩くときに十分に注意する』

『何人であろうと初めて会った他人を信用してついていったりしない。』など日本でもあたりまえの注意をしていれば、快適に暮らすことができるでしょう。

また、宗教的な対立や民族の対立によるテロの危険性もほぼないといっていいでしょう。

デメリット: 引ったくりだけは山ほどいる。

 

メリット:::物価が安い 衣食住にかかる値段が違います

 ベトナムでは先進諸国と比較して物価が安いため、生活費を安くおさえることができます。

もちろん、生活の仕方にもよりますが贅沢をせずに普通に暮らす分には確実に日本に比べて生活コストがかかりません。

値段が安いだけではなく、生活に最低限必要な衣食住も近年の経済発展によって質も十分にあがってきていますと。

例えば洋服。

ベトナムではオーダーメードが定着しており縫製の技術も高く、自分の体にあわせて着心地のよい服を低価格で作ることができるのです。

また、家事労働を頼めるお手伝いさんを雇うことも一般的で、洗濯、掃除、アイロンがけ、食事の用意、子育てなども自分の暮らしにあわせて頼むことができます。

デメリット:ホーチミンでは家賃だけは高い。。物価なんかはどんどん上がるーどんどん上がるー。。

 

メリット:::魅力的な人々 

 ベトナムの人々は小柄でニコニコしている人が多く、人前で声を荒げて怒鳴ったりすることは少ないのです。(もちろん怒って喧嘩をしている風景もみられますが。)

外国人に対してはたいがいの人が興味を持って日常生活で分からないことは教えてくれますし、親切で困ったときには助けてくれるのです。

また、ベトナム人女性には美人が多いとされていますが彼女たちの凛とした、たくましい姿は女性の目からみても魅力的です。

 

デメリット: なれなれしい。知り合って直ぐにお金を貸してくれと言われる。。(ただし一部の人)

 

メリット:::健康と医療 病気になっても日本語で診察をしてもらえます

 海外で一番心配なのは病気になったとき。これほど心細いものはありません。

普段から健康に気を付けていても、生ものを避けて食事をしていても病気になる時はなってしまうのです。

ベトナム、ホーチミン市では日本人医師のいる医療機関もあり、その他の医療機関でも日本人(もしくは日本語の通訳)スタッフによる診察時のヘルプがうけられます。日本人経営の歯科院もあり、歯の治療も安心して受けられます。

また、フランコベトナムというフランス系の総合病院がオープン、専門治療も受けられるようになりました。

ロータスクリニックという日系の病院もあるので安心です。

デメリット:保険に入っていなければ医療費はすごく高い。私は病気になれない。 

 

メリット:::食事のバリエーション ベトナム料理と日本料理、各国料理

 ベトナム料理は日本の料理と同じ食材を使ったものも多く、また米を主食とするため日本人の味覚には合うようです。

魚醤油ヌクマムの香りとコリアンダーをはじめとする香草の苦手な方にはベトナム料理は倦厭されがちですが、味付けに塩胡椒しか使わない料理もありますし、バラエティーに富んでいます。

 また、ホーチミン市においては日本料理店やフランス料理、イタリア料理、韓国料理、中国料理、タイ料理、インド料理などの各国料理店が多数あり、日本で暮らすのと同様、色々な国の様々な料理を楽しむことができます。

 日本食材をはじめとする外国の食材もスーパーや専門店で購入でき、ご自身でお料理される場合でも、よほど特別なものでなければわざわざ取り寄せる必要はありません。料理教室で、新しい食材に出会い、使い方を知ることもできます。

滞在中の食生活は驚くほど豊かになることでしょう。

 

デメリット:衛生面で安心できない定食屋や屋台がまだまだあります。

 

メリット:::宗教  日本と同じ大乗仏教が主な信仰宗教です。 

 ベトナム人の8割が大乗仏教を信仰しているといわれ、その次にキリスト教徒(カトリック)となっています。

お寺や日曜日の教会を訪れると熱心に祈る多くの信者の方々を目にすることでしょう。

また祖先を敬い家族を大事にする儒教的な影響も広く根付いており、日本人にとっては親しみやすい生活環境です。

デメリット:ここでデメリットを載せる勇気は私にはありません。そもそも何がデメリットなのか分かりません。

 

メリット::: 娯楽  そのために、overlandclubは存在します。

 ベトナムにおける生活でよく言われることに『タイなどの近隣諸国に比べて娯楽が少ない。』というのがあります。

一般に娯楽といえば、カラオケ、ボーリング、食べ歩き、スポーツなどがありますが長く滞在するのには何か新しく始めたり、打ち込めるものがあったほうが楽しいのではないでしょうか。

overlandclubでは陶芸のようにどの年代でもいつからでも始められる長く楽しめる娯楽をご用意しています。

陶芸教室には子ども・大人、女性・男性などあらゆる世代の生徒さんが通っており、楽しく勉強しています。

趣味を通じて、地位立場など関係なく仲間を作るということもできるでしょう。

 

デメリット: ありません。はい。

 

文責:富澤 守

上記の文書は10年くらい前に書かれたものです。。あまり変わっていないような気もしますが変化を感じたら更新します。

また、もしご指摘くださるとありがたいです。

Visit the new site http://lbetting.co.uk/ for a ladbrokes review.

cheap jordans online | cheap nba jerseys china | 73 | air max pas cher homme | cheap nike free | 75 | 15 | cheap nike air max 95 | 19 | 53 | 4 | vans | air jordan 6 pas cher | 32 | nfl jerseys china nike | 43 | 41 | cheap mlb jerseys | 1 | cheap jerseys free shipping